読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休暇(その2)

なんかもう疲れた…「何か有意義なことをせねば」「やるべきことをせねば」と思っちゃって疲れた。

べつに、寝ててもいいんだよ…と思いながらも焦燥感とむなしさに圧倒される。生きてるだけでたいへんだよ、もう…。あと何十年続くのかなあ…

忙しい時はあれもしたい!このテレビも見たい!あの展覧会にも行きたい!と思うのに、すべてが色あせて見える…つまらないの一言に尽きる。

世界がつまらないのは自分がつまらないから。ただじっとガマン…

おなかすいたからなんか食べよ。それで寝て起きたら、なんか少しおもしろい気持ちになるかもしれない。

 

休暇

なんだかんだやることもあって気になるし、仕事の効率が著しく落ちてきたので、思いきって長めの休暇をもらいました。

仕事が来てうれしい(信用される喜び)、作業自体の楽しみ(勉強になる・シナリオ自体のおもしろさ)よりも、「あ”ー…なんかもうだめ、やりたくない」という気持ちが上回り、ぎりぎりまで作業から逃避して、締切直前のアドレナリンでようやく土嚢のように重い頭を動かすような状態だった。ここ2ヶ月くらいは本当にひどかった。

脳を必死で絞っても貧弱な語彙しか出てこない、スケジュールの厳しさもあったしストレスや疲れや更年期やいろんなファクターが絡み合った結果だと思うけど。それでいったんリセットしようと思った。

ノリノリだった時もあったんだけどな。すごくよくできた!って満足感で、納品したあとも自分の翻訳を読み返して悦に入ったりとか(←我ながらきもちわるい)

まずはのんびりして、それから歯医者や病院、実家の片付けの問題等、のびのびにしていたことに向き合う予定。予定…

大丈夫かな。仕事は、お金と社会的信用がかかっているから必死でやるけど…それ以外は果てしなく自堕落だから。また寝てばかりになるのでは…

そんな不安もあるけど、とりあえず今は、自分で自分のスケジュールを決められる喜びに浸っていよう。「今日は一日昼寝」にしたっていいんだし。ムフ

GW

GWに休みをもらって一泊二日の伊東の旅。お天気にも恵まれて、いい気分転換になった。

一日目は横浜から熱海、熱海から城ヶ崎海岸へ電車で移動。吊り橋を渡り、灯台にのぼり、味噌おでんと「絶品ウインナードッグ」とかいうとてもおいしいパンを食べた。

海はとてもきれいだった。いつも思うけど、水平線の方が上にあるように見えるのはどうしてかな。以前湯河原へ向かう電車から見た時が一番すごかった、遠くにいくにつれ海がせり上がってるみたいに、映画のセットとかみたいに見えた。(そしてトゥルーマンショーを思い出す)

思い出すといえば、海を見ると必ず「綿の国星」を思い出す。高校の頃にクラスで回っていたから読んだだけだけど、強烈な印象が残っている。あの感性は、本当に非凡というか、天性のものだよなあ。

スターウォーズ

スターウォーズの話題で盛り上がる人たちがうらやましい。私は最初に劇場でちゃんとみたのが「エピソード1」だったのがよくなかった。ジャージャービンクスが殺意を覚えるほどにうっとうしく、他のシーンも全編ペプシか何かの壮大なCMを見ているような気分だった。

レンタルで見た70年代の三作はおもしろかった(それでも、レイア姫がもう少し好みのタイプだったらもっと楽しめたと思う)。でもエピソード1に乗れなかったせいで(ジャージャービンクス等のせいで)その後新作が!というニュースを見ても、他のみんなが楽しそうにしていても、一緒に盛り上がれなくてなんだか仲間外れな気分になる。

スペースオペラは好きなのにな。フラッシュゴードンとか、コブラとか…

あ、そういえばコブラのハリウッド実写映画化はどうなったんだろう?最初のティザーというかビジュアルが出て以来、沈黙しているような。

あとで調べようっとー。

 

連休

仕事柄、土日や連休に絶対休める保証はない。でも逆に、ひまな時期は本当にひまで、最初のころは3ヵ月何も無しってこともあった。

今年はやばげだったので、休みを申請して確保しておいた。でも旅行に行きたくても、今から手配しては間に合わない感じ…

去年は上高地へ行ったのでした。すごくきれいだったから、写真を貼っておこうっと。

あと、おかしな話で、GWで観光客がわんさかいる河童橋のあたりで、突然後ろから「○○さーん」と名前を呼ぶ声がした。夫の仕事関係のお方だった。なんという偶然…

夫にはそういうところがある。三沢光晴さんの献花式の長蛇の列に並んでいた時、「○○さん」と呼ばれてそちらを見たら、夫の会社の人だったり。結婚前は秘湯中の秘湯に行くローカルバス(乗客も少ない)に乗ったらクライアントが乗ってきたという話も聞いた。

なんか、そういう巡り合わせの人っているんだろうな。私は知り合いに会わないけど…(知り合いが極端に少ない上に、たぶん避けられている)

昨年の上高地。絵画のように美しかった。天国みたいだった。

野生の猿、たくさんいた。

杉の木

先日、山下公園近くの「杉の木」へ行った。父が好きだった古いレストラン。父は特に「パエリヤ」が好きで、家族で何かお祝いする時にこのレストランに来て皆で大きなパエリヤを食べた記憶がある。

今回はパエリヤを注文しなかったけど、他の料理もとてもおいしい。また行きたいな。

 

窓辺の席が好き。

お好みで具を二種類選べるピザ。大好きなアサリとアンチョビを選んだ。

大きなホタテ。

GW進行

スケジュールがギチギチで、今年で一番きつい一週間になりそう。普段の1.5倍の密度で仕事をしなくては。

それでも2~3年前の別タイトルの仕事よりは、やや少ないかなあ…

その時は2ヵ月半休みなしで、終盤は普段の2倍の密度で作業しなくてはならず、最後には「一日休ませてください」とお願いしたのだった。ちょうどファイルの切れ目で休めたからよかった。

きついと思ったら発注の打診があった時点で辞退すればいいんだけど、それがどうしてもできない。他の人はどうしているんだろう?断ったりすることもあるんだろうか。

フリーランスだから、断ったら最後二度と仕事が来ないかも、という気持ちもあるけど、信頼して声をかけてくれるんだと思うとうれしくてどうしても引き受けたくなる、という気持ちの方が大きいかも。

信頼は地道な積み重ねでしか得られないし、一瞬で崩れてしまうものだから、大事にしたいと思うんだ。