苦手なもの

仕事と趣味のためにしょっちゅうYouTubeで動画を検索するんだけど、トップページにでかでかとユーチューバーの宣伝が出るのに辟易していた。ユーチューバーに何の怨みもないし、動画を見たこともないのに毛嫌いするのはどうかと思うけど、サムネイルとタイトルだけでげんなりする。なんか馬鹿っぽくて…←ひどい
誰にでも苦手なものはあるからしょうがない。でもYouTubeのトップページを開くたびに自分の心の狭さとか「こんな動画をウン十万人もの人が見ているのか…」という絶望感(見てもいないのに「こんな動画」呼ばわり。本当に申し訳ない)でどす黒い気持ちになるのは嫌なので、先日ふと思い立ってブックマークをトップページではなく適当に選んだ動画のページにした。そこから検索すればいいわけで、今は快適。なぜもっと早くこうしなかったのかと思う。
もうひとつ、血液型トークも苦手。その話になると適当に合わせながらも目が死んでいる。今までいくつかの会社で働いたことがあるけど、たいてい誰が何型だとか、お互いの血液型の当てっこだとかが始まり、心底どうでもいいと思うということがくり返された。
今はほとんど家から出ないので、そんな話をふってくる人もいない。自分の狭量さがばれることもないし、それでいい。
でもざんげのような気持ちで、ここに書き留めておく。