働くこと

「できれば働かずに生きていきたい」と昔から思っていて、結婚した時も「専業主婦になりたい」と思っていた。でもなんだかんだでずっと働いている。ちょこちょこ休んだ期間はあるけど…
すごく嫌だった職場もある。嫌な方が多いか…大抵、仕事内容ではなく人間関係でつまずく。めんどくさいと思ってしまう。変な人に気に入られたりということもあった。
余計なことを見たり聞いたりせずに、作業だけやってお金を稼げたらいいのに、とずっと思っていた。だから今は理想の仕事をしているわけで、本当にありがたいと思う。
体調やスケジュールの面でいろいろ考えて、今の仕事をやめることになったら、何をしようかな?と思う。何もしないでいるのが一番好きだけど、気分が猛烈に落ち込むのが心配。
結婚して仕事をやめたあとに、何もできなくなった時期があった。
一日どのくらい寝ていたんだろう、とにかく起きていられなくて倒れ込むような感じで眠ってばかりいた。ゴミだしにも行けなかった。
心療内科へ行くと、鬱症状と過眠(はっきり言われなかったけど、医師のメモにdepressionとhypersomniaと書いてあった)で薬を処方された。
それがものすごくヒャッハー!になる薬で、朝の6時から氷みたいに冷たい汗を流しながらバタバタ動き回っていた。宇宙が透けて見えて、道を歩けば世界中の生物と精神がつながっているような一体感があり、誰彼かまわず話しかけたくなった。あの全能感は忘れられない。(今はその薬は処方されなくなったと思う。ネットで高額で売買されたりしていたから)
でも二週間ほどで薬が全然効かなくなり、受診前よりもだるさがひどくなり、なまじヒャッハーを味わったもんだからその分落ち込みが激しく、「…しのう…」と思ったりしていた。7階のベランダから下を見下ろして泣いたりとか…(本当に死ぬ気はないくせに、自己憐憫に浸っていた)
ひどい時期を過ごしたけど、立ち直ったのはゲームがきっかけだった。ゲームをしている間は眠らない。武士のようにシャキッとしていた。その合間合間に家事をしたり、他の用事をしたりしているうちに、生活が元に戻った。その後、ゲーム会社の求人を見て応募し、アルバイトから始めてけっこう長い間勤めることになった。
そういう経験があるから、「早くヒマになりたいな〜」と言いながらも、完全にヒマになるのが怖い気がする。
20代の頃とは違うから大丈夫かな、とも思うし、いや、やっぱり基本的にダウナーなんだから何かしらやらないとどん底まで落ちるぞ、と思ったり。
まあ、その時が来たら考えればいいか…
タイトルから話がそれまくってしまった…